読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅と風

とある地方の学生がいろいろ書いていこうと思うブログ

デミオ・ディーゼルとCX-3を比べてみる

クルマ

兄弟車としても名高い、デミオCX-3

デミオのクリーンディーゼルモデルが大成功したことにより、街中でも見かけることがだいぶ多くなりました。この2つの車、タイムズカーレンタルで借りる機会があったので乗り比べをしてみました。

ずんぐりな弟とコンパクトな兄

f:id:protoplast:20170214221109j:plain

こちらがデミオディーゼルモデル。(駐車線からだいぶはみ出している……。車1台もいなかったので許してもらえれば……)

f:id:protoplast:20170214221230j:plain

一方こちらがCX-3(こちらはディーゼルモデルのみ)

デミオはコンパクトカーを謳っているだけあり、見た目もやはりコンパクトな印象。一方で、CX-3SUVを謳っていることもあり、どっしり構えているイメージ。CX-3のベースがデミオなだけあって、サイズ感はそれほど変わりがありません。ただ、CX-3は3ナンバーサイズということもあって、大きいなという印象があります。

f:id:protoplast:20170214221607j:plain

デミオのリア側

f:id:protoplast:20170214221629j:plain

CX-3のリア側

デミオは先代の「てんとう虫」っぽさを残すようなデザインになっていますが、CX-3はちょっとキリッとした印象になっています。マフラーが2本出ているところもポイントですね。

インテリアはさほど変わらない

f:id:protoplast:20170214221852j:plain

これはCX-3のインテリア。エアコンの吹き出し口に塗装がしてあったり、手が触れる部分(ハンドルやサイドブレーキ、ドアの取っ手など)はレザー張りになっていたりしますが、これはグレード次第でどうにでもなるところ。

ちなみに、デミオでは、最下位グレードだったため、エアコンはマニュアルエアコンでした。

前席の居住性でいえば、さほど変わりがないのが正直なところ。CX-3のほうがちょっと車高が高いかなあと感じるくらいですが、内装だったり、快適さでいえば、それほど変わりがないなあという実感です。

f:id:protoplast:20170214222206j:plain

インパネはこんな感じ。これもデミオCX-3では共通でした。上位グレードになると、スピードメーターがある部分に、タコメーターがつき、現在タコメーターがついている部分が他の表示になるようです。

f:id:protoplast:20170214222431j:plain

ナビはCX-3ではマツダコネクト、デミオではマツダスマートナビゲーションでした。(マツダスマートナビゲーションの写真は失念)

このマツダコネクト、Xperiaとの相性が悪いらしくBluetoothがブチブチ切れたりと不快でした。ナビとしてもちょっと使いにくいなあというのが正直なところ。

f:id:protoplast:20170214222700j:plain

ナビの表示もちょっと期待するものとは違うなあという感じ。一方で、マツダスマートナビゲーションはKenwoodのナビがベースになっているようで、地図情報だったり操作性は抜群。マツダコネクトを積極的に選ばなくてもいいなあというのが正直な感想です。

f:id:protoplast:20170214222844j:plain

マツダコネクトの操作系はこんな感じ。ステアリングスイッチでも選べる部分は多いですが、結構直観的に操作できるなあというのが感想です。ただ完全に停車中だったらタッチパネルで操作できるわっていうのが本日一番言いたいところですね。

一般道のデミオ、高速道路のCX-3

デミオはコンパクトカーだけあって、山道でもすいすい走っていけます。ステアリングも思ったように動くし、それほど苦にはならないなあという感じ。一方で、CX-3は車重が重いせいか、デミオよりすいすいカーブが曲がれないなあという感じ。急な坂でもトルクフルな加速で登っていけますが、デミオよりステアリングはよくないなあというのが正直なところ。

一方で高速道路では、車体が重いおかげでデミオよりも安定して走行できます。デミオよりトラックや強風にあまり煽られないなあという感じで、走ってて安心できるのはCX-3ですね。

気になる燃費は?

同じようなルートで(高速50km、山道100km、信号の少ない一般道150km)満タン法で計測したところ、だいたい以下のとおりでした。

デミオ;21.2km/L

CX-3;18.9km/L

DPF再生の起きた位置や、気象条件がちょっとずつ異なるため、正確にこれだとは言えませんが、やはりデミオのほうが優位な結果でした。ディーゼルでこの燃費ですから、コスト的にはハイブリッドカーにかなり近いのではないでしょうか。

また、4WD車でこの燃費ですから、かなりカタログ燃費に近い優秀な値であると言えますね。(レンタカーゆえ余計なものがついていないおかげかもしれない……)

共通して言えること;DPF再生

燃料に軽油を使っている関係で、どうしても、微粒子状の排気ガスが出てしまいます。それをトラップする装置がDPF。このDPFは一定条件走行すると、DPFが詰まってくるため、排気ガスの熱を利用して、これを燃やし、フィルターを再生するという工程が行われます。

だいたい30分でこのDPF再生は終わりますが、この間は余計な燃料を消費してしまいますし、どの頻度で行われるかがいまいちつかみにくいです。たいていアイドリングストップ可能という"i-stop"ランプが消灯することで、DPF再生が始まったことに気がつきますが、いつ終わるかなあとちょっとやきもきしたり。

もちろんDPF再生中にエンジン切ってもなんの問題もありませんが、次回エンジンスタート時にまたDPF再生が始まり、燃費が悪い状況が続きます。正直気持ちがあまりよくないですね。

また、デミオは街乗りで使われることが多いのでしょうか。新車でのDPF再生頻度(200km~300kmと言われているらしい)よりも多い頻度(だいたい150kmくらい)でDPF再生が行われます。自分の運転がよくないのか、それとも街乗りユースが多く煤が詰まりやすい状況なのか、なんとも言えないところですが、ある種経年劣化なのかもしれないですね。

レンタカーで長距離乗るならデミオディーゼル

軽油で燃費もよく、走りも気持ちいいという最高の条件を満たしてくれるデミオディーゼル。今後とも借りたい車だと思いました。一方で、CX-3はその差額分満たしてくれるかなあというとなんとも微妙。レンタカーで借りたときにメリットになるのはせいぜいオートエアコンくらいでしょうか。

タイムズカーレンタルでは、クラス指定でデミオディーゼルCX-3に乗ることができるので、購入を検討しているなら一度借りてみるとよいのではないでしょうか。デミオディーゼルは、コンパクトクラスのC2DCX-3SUVクラスのO2Dで借りることができます。

アクアよりも運転が楽しく、同等の燃費を保ってくれるこのデミオCX-3、自分だったらハイブリッドカーよりはクリーンディーゼルを選びたくなりますね。

デザイン面では、CX-3のほうが好きだなあという感じですので、買ってあげるからどっちがいい?と言われたら非常に悩むなあと思う今日この頃でした。