読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅と風

とある地方の学生がいろいろ書いていこうと思うブログ

自力で「大学進学」というのはなかなか難しいというお話

雑記

僕には借金が300万円ほどある。奨学金である。県の育英会から借りた入学一時金100万円と、日本学生支援機構から借りている200万円ほどの借金である。

最近、仕送り13万の大学生が燃えていたが、それだけもらえるなんて羨ましい話じゃないかと思った。奨学金を借りずに過ごせるなら、それに越したことはないんじゃないかと思う。

ちなみに僕は家庭の収入状況が厳しいこともあって、仕送りは0である。家賃、光熱水費、通信費その他もろもろも、奨学金バイトだけで賄っている状況である。

授業料免除があっても、奨学金だけでは生活できない

国公立大学では、多くの場合授業料免除制度がある。うちの大学は最低限の成績と、家庭の収入状況で判断されるので、幸いなことに、僕は授業料を全額免除してもらえている。

それで、日本学生支援機構奨学金をもらっているおかげで、その奨学金だけでバイトもせずに、学問に集中できるのかと言われると断言できる。無理だ。

日本学生支援機構の第一種(利子なし)奨学金では、自宅外通学の場合、月額5.1万円借りることができる。この中から、家賃、光熱水費、通信費を払った場合、安い物件に住んでいたとしても、1万円も残らない。これは地方国公立大の場合だから、アパートなどが高い首都圏の場合、家賃だけで消えることだってあり得る。

食費を1か月1万円生活したとして、手元に残るお金はゼロだ。病院に行くこともできないし、帰省するお金も残らない。

加えて、サークル活動や、研究室の飲み会などで、いちいち数千円のお金を徴収されるとなるともう破たんである。

もちろん、利子ありの奨学金も併用すれば奨学金だけで生活することもできるが、卒業後に残る借金の額を考えれば、現実的な話ではない。

となると、自力で大学進学し、奨学金だけで生活しようとするのはなかなか難しい。何かしらのアルバイトをして収入がないといけない。

もし授業料免除がなかったら

国公立大学で授業料免除がなかった場合、奨学金は全額学費に消えることになる。すると生活費やその他もろもろの出費を捻出するためには、月6~7万円の収入が必要になる。だいたい60~80時間のアルバイトが必要だ。

今でこそ学生生活も慣れ、アルバイトも慣れ、収入も落ち着いて得られるようになってきているが、これを大学入学直後から要求されることになる。自分の場合、入学一時金でお金を借りていたので、アパート入居費用やら、アルバイトが落ち着くまでの費用やら、その他もろもろの出費を賄うことができたのだが、そうしたお金がない場合、入学、即、死という状況だってなくはない。

1年目のたいして使わなかった教科書に、数万円とんだ事は今でも忘れていない。

家族関係の問題で、支援してもらえないなら

自分の場合は奨学金を借りれているので、どうにか生活できているのだが、例えば、家計に十分な収入があるのに、家族関係が良好ではなく、とかそういった事情で奨学金も借りれない、家計からの支援も望めないといった場合、どうすればよいだろうか?

授業料免除制度も、家計に十分な収入があると判断された場合、慈悲もなく授業料を請求してくる。当然といえば当然なのだが。

すると、授業料も生活費も自分の収入で賄うほかなくなってくる。アルバイトで長時間働くとか、なにか犯罪めいた手法でお金を入手するとか、そういう必要が出てくる。

授業料が53.5万円、年間生活費が80万だとして、これを自分の収入だけで賄う場合は、(合法的な仕事の場合)親の扶養から外れて働く必要がある。ギリギリ勤労学生控除で、所得税がかからなかったとしても、国民健康保険に加入する必要も出てくる。

加えて大学入学時の入学金も、徴収猶予をお願いできたとしても、8月までに支払わない場合は除籍になるため、そのお金(だいたい28万円)もどうにか捻出しなければならない。となると、1年目から相当な金額を稼ぐ必要がある。

家計からの支援もなく、奨学金も得られない状況では、自力での大学進学は、絶対に無理と言っても過言ではないと思う。

家計によらない奨学金、あるいは授業料支援

高校から大学に進学する時点で、家計によらない奨学金(給付型でも、貸与型でも)だったり、授業料免除の確約というのは必要であると思う。

現行の制度では、家計に十分な収入があるのに、支援は受けられない学生の支援というのがおろそかになっているように思える。もちろん、自分のように、アルバイトしないと食ってけない学生に対する支援もほしいところではあるのだが、こういった制度があれば、貧困のサイクルから脱する人の数も増えるんじゃないかなあと思ったりする。

もっとも、学力による選抜はあったほうがいいと思う。センター試験の成績だったり、入試成績だったり。(センター試験は数年内になくなるようだが)

高校の成績ではなく、全国統一的な試験で、評価して、希望者には奨学金をという形が今求められているものであるような気がする。