読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅と風

とある地方の学生がいろいろ書いていこうと思うブログ

やりたいことが全く進まない日曜日

予定がない週末、たいていはあれやろう、これやろうと計画を立てて迎える。しかしながら、その計画はいつもより遅い起床時間によって消滅する。

ましてや寒い冬。布団の上で時間だけがどんどん過ぎて、気がつけば夕方。ああ、今週末はなにも進まなかったなあ。

週末にブログ記事を書きためようと思っていた

バイトもない、研究室に行かなくてもいい、個人的な予定もない。そんな週末は絶好のブログ日和である。記事にしたいことは山ほどあるのだが、平日にブログ記事を書き上げる余裕は残念なことにない。

それなら、こうして時間があるときに書きためておけばいいや、と最近は予約投稿を使って、一日2記事更新できるようにしていた。一日2記事というのはなかなか厳しいなあというのが数日続けて実感した。この世のブロガーさんたちというのは、どう時間を捻出しているんだろう、1記事にかける時間はどれくらいなんだろうという疑問がわいてくる。

僕の場合は、1記事に1時間くらいかかってしまうので、10記事も書こうもんなら、10時間くらいかかってしまう計算になる。なるべく更新が途切れないようにしたいなあと思っていたのだが、どうしても1日2記事というのは無理があったようだ。

週末の計画が崩れる理由

アラームをかけなくてもいい、多くの時間寝ていられるというのはやはり大きい。すると起床時間は気がつけば昼前。朝ごはん兼昼ごはんを食べると、また眠くなってくる。

灯油が切れたら買いに行かないと、洗濯もたまってきたからこなさないと、なんてやっているともうこんな時間。

ブログ記事を書きためる以外にも、部屋の掃除をしようと思っていたのに、もう夕方近く。なにかする気力も起きない。とりあえずデレステでもやろうか。

するとさらに時間が過ぎて、外は暗くなっている。

今日はもういいよね。夕ごはんを食べて、布団に入ってネットサーフィン。電気毛布が入っている布団は僕の味方。寒い日でも暖かい環境をいつでも用意してくれる。布団から出る理由があるだろうか。いやない。

こうして僕の週末は失われていく。いや、体力回復には十分時間を使えたのだが、個人的に溜まっているタスクはなに1つ終わらずに1日を終える。外にも出ない。

規則正しい生活が一番なのだが

週末も決まった時間に起きて、やるべきことをこなしていくのが一番いいのは分かっているのだが、なかなかそれを実行に移せないでいる。たいてい週末はバイトが入っていたり、個人的な予定で県外にいたりと、休みが休みではないことが多い。

そうすると、なにもない休日というのは珍しく、ついつい休んでしまう。こういう日もあったっていいじゃないと思えるほど、普段から生産性が高い日々を送れるといいのだが……。