読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅と風

とある地方の学生がいろいろ書いていこうと思うブログ

僕がα77 Ⅱをほしいと思う理由

f:id:protoplast:20170206224104p:plain

α77 II | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

先日のブログで書いたりもしたのだが、僕はα550を持っていて、レンズもそんなにいいものではないものの、単焦点を2本持っている。

α550でも不満がないのだが、写真を引き伸ばしたりするようなときなんかは、正直ちょっと画素数があってもいいかなあとか思ったりする。また、本格的に一眼レフを持ち始めて7~8年が経って、そろそろ中級機もいいなあと思ったりする。

レンズ資産がいくらかあって、次買うとしたら、やはりAマウントのαだろう。Aマウントの先行きは若干不安だったりするのだが。

taw.hatenablog.jp

ファインダーが大きく明るい!

α550は従来通り、そしてニコンやキャノンと同じくミラーでファインダーに像を送っている。リアルタイムに像が見えるという利点はあるのだが、センサーサイズの都合で、どうしてもファインダーの像を大きくすることができない。

昼間明るいときのスナップ写真なんかを撮るときは別に困らないのだが、50/1.4のレンズをつけて、細かいピントを調節するときなんかに、ピントを掴みづらいという問題がある。もっとも、撮影技術の問題だろと言われてしまえばそれまでなのだが。

しかし、α77Ⅱでは、ミラーを持っているものの、その像を透過させて撮影素子で像を受け、液晶のファインダーにその像を受けている。液晶に映すということは、そのサイズはリアルにファインダーに受けた像よりも大きく映すことが可能で、しかも光学的に難しかったファインダーを明るくすることができる。

かなりの近視の自分にとってはかなりのメリットだ。

キットレンズでちょうどいいズームレンズが手に入る

メインで使っているレンズが28/2.8と50/1.4だけなのだが、このカメラのキットレンズには16-50/2.8というちょうどいい、よく使うであろう範囲のズームレンズが手に入る。しかもレンズの明るさは2.8通しと、かなり明るい。

一応、α200についてきた18-70/3.5-5.6というレンズも持ってはいるのだが、画質に難があり、単焦点レンズを手に入れてからは一切使っていない。

単焦点レンズには単焦点レンズのおもしろいところがあるのだが、このズームレンズはかなり広角の写真を撮るのにも使える。写真表現の幅が広がるのは間違いなしだ。

また、今持っている単焦点たちは、レンズコーティングがフィルムカメラ時代のもので、強い光源の写真を撮ったりするとフレアが乗ったりする。一方でついてくるこのレンズはデジタルに特化したものなので、コーティングもデジタル仕様だ。

画質的にも結構なアドバンテージになるだろうなあと思う。

価格だけがネック

ここまでくると買わない理由がないように思えてくるが、安く買えたとしても15万は下回らないだろう。しかも3年ほど前の機種。

自由に使える金が数百万単位であったらポンと買うのだが、そうもいかない。せめて宝くじでも当たれば買うのになあと思うのだが。