旅と風

とある地方の学生がいろいろ書いていこうと思うブログ

長続きしないブロガーの特徴を自戒を込めて書いてみる

先月をもって、いったんはてなブログproへの課金をやめた。結局のところはてなブログに課金する額以上に収益を得ることが難しそうだったし、広告を貼れること以外にproを継続するメリットがなかったからだ。

どうして収益が上がらなかったのだろうか。はてなブログproの課金額程度の収益が見込めそうだったから課金をしてみたのだが。それはブログ自体が長続きしなかったことにある。

長続きしないブロガーの特徴は?

アフィリエイト目的でブログを書いている

アフィリエイト収入で一山当てようじゃないかと思っているひとはそれなりにいるんじゃないかと思う。一方で、その収益が目に見えて出てこなければやる気だって起きない。だんだんブログを書くモチベーションだけが削がれていき、ついには放置しだすパターンだ。

自分で書くことの幅を狭めている

雑記ブログは儲からない、という理由である特定の分野に絞ったブログを書いてみる。あるいは雑記ブログだったはずなのに、特定分野に偏っていって「あれ、この記事ってこのブログにあんま適してないよな」と思い出し、いずれ書くことをやめてしまうパターンだ。前者の場合はネタ切れが、後者の場合は自分自身の書く内容がそれを引き起こすのだ。

このパターンのブロガーは、ブログを潰しては新たにブログを生み出し、そしてそれをひたすら繰り返すのである。

文章を書くことが続かない

文章を書くことが苦手なブロガーは恐らくたくさんいるし、自分もその部類だと思う。長続きするブロガーとそうでない人の違いはなんだろう?それは文章を書くことが続かないのだ。やっと書き上げたと1記事書き上げればそれで満足し、その記事に対する反応を心待ちにしてしまう。

しかしながらこの世の中は無情なもので、ネットの海に漂う小さなブログの1記事になにか反応してもらうことなんて難しい。微少なアクセスだけで恐らくは落胆し、次の記事を書こうというモチベーションは削がれてしまう。

文章を書き続けること、ブログ記事を書き上げ続けることが、アクセスだったり記事への反応に対する唯一の道なのだが、それが続かないのだ。分かっているのに書き続けられない。

このブログは結局どうするの?

雑記ブログとして時折記事を書いていこうと思う。どうせ今回も長続きしなさそうではある。一方で書きたい内容はたくさんあったりするのだ。

上で書いたように新たにブログを生み出すことを考えたのだが、どうにもこのブログタイトルが気に入っているので潰すには忍びない。いったん記事を全部消して再スタートすることにした。一応GoogleAdsenseの審査も通っているしね。

もともと雑記ブログを目指して書きはじめたこのブログ。再び雑記ブログとしてうまくいくか試していきたい。

(この記事は2日間くらいかけて書き上げました。それくらい筆が遅いです)