読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅と風

とある地方の学生がいろいろ書いていこうと思うブログ

新入生といっしょに般教を受講する4年次の話

新年度になりました。幸いというべきか、我が大学は、研究室に配属さえされていれば留年はないという恵まれた環境です。

とはいえ、卒業には一定の単位数を習得している必要があります。指定されたカリキュラム通りに授業を履修していれば、今頃は研究室に缶詰になって卒業研究をしているところですが、残念なことに、敷かれたレールを外れる主義のこの私。一般教養科目すら卒業要件単位数を満たしていないというクソみたいな状況に。

ということは今年度卒業するには、一般教養科目を履修しなければならないのです。えっ?本来なら?本来なら2年次で履修し終わっているはずなんですけどねえ。

入学したての1年生はやる気に満ち溢れている

授業開始日にさっそく適当な一般教養科目の授業を受けに行くことに。朝イチの授業なんかは「研究室に行かなくていい!寝てよう!」となり、結局単位が取れなくなるということが、昨期の経験から分かっていることなので、その日の最後の授業を受けに行くことに。もっとも朝イチは専門科目の再履修で行けないんですけどね。こっちは落とすと卒業できないことが確定するものなんでね。

失笑を買いながら、授業なんでと研究室を抜け出して教室に一番乗り。前の授業が終わったらしく人がどんどん来る。ああ、なんて若いんだろう。専門科目の死んだ目をした上級生とは全然違う。

みんな履修の手引きやらお手製時間割表なんかをもって、目を輝かせながらやってくる。おじさんはつらいなあ。おじさんもこんな頃があったのかなあ。

一般教養なんて出席してれば単位くるやろと思っているおじさんとしては、90分をいかに潰すかが問題。とりあえず論文読んでるかあと思ってたら、授業ではミニディスカッションをやりますよと。試験前にどうにかするかでは済まない系の授業かあ。

こういう授業を避けまくった結果が今なので、もう退く気にもなれず、とりあえず履修決定。なんと意識の低い。

そんなこんなでガイダンスを聞き流していたら、さっそくディスカッションの時間。教室の隅でボッチ決めてるかあと思ってたら、1年生がこちらにやってくる。気がつけば相手のペースでディスカッションを。

君、1年生だよね。すごいやる気があるね。

おじさんとしては、どう接すればいいのか?

3年から教職を取りはじめた友人が言っていた。「高年次とバレない様にふるまう。変に年齢を意識してもらってもなあ」

おそらくこれが一番の正解で、相手に学年を意識されたら負けだろうなあと。ただ、18、19才の若い学生たちと、一浪クズ4年次の自分なんかは見た目からして異質であるのがバレバレだし、ディスカッションなんかも、もうちょっと気が利いたことが言えればなあという反省も。

もっとも、ディスカッションで気の利いたことが言えないのは教養がないからだけどね!(単位としての教養も、現実も?)

大学には多様な人がいる。そう般教を取る4年次もね

1年次の学生としてはびっくりかもしれない。一般教養の授業にスーツ姿のおっさんの姿があるなんて。いや、おっさんだけど、4年次だからね。

大学には多様な存在がいる、そう発信していくフロンティア的な存在として一般教養の授業を積極的に履修していきたいと思ったり思わなかったり(単位ください。)

デミオ・ディーゼルとCX-3を比べてみる

兄弟車としても名高い、デミオCX-3

デミオのクリーンディーゼルモデルが大成功したことにより、街中でも見かけることがだいぶ多くなりました。この2つの車、タイムズカーレンタルで借りる機会があったので乗り比べをしてみました。

続きを読む

デレステのドレスショップは割高か?

僕が唯一やっているゲームと言っても過言ではないものがある。アイドルマスターシンデレラガールズ・スターライトステージ」だ。はてブでも時折話題に上がるゲームである。

f:id:protoplast:20170214212735j:plain

いわゆる音楽ゲームなのだが、なにがすごいって、ゲームの3Dへの力の入れようである。これ以外の音楽ゲームについて、僕はそれほどやったことがないので、ゲーム性についてはあまり語らないようにするにせよ、スマホタブレットでここまで3Dが動かせるようになったんだなあと思わざるを得ない。

1年くらい続けて、このゲームに飽きてないあたり、ゲームとしても面白いんだなあと思う。

SSレア衣装問題

無料でプレイし続けることは可能だが、当然ながら課金要素があるこのゲーム。ゲーム自体に課金というよりはキャラに課金がメインというべきだろう。ガチャである。

このゲームのガチャは、「プラチナオーディションガシャ」と呼ばれ、無料でため込んだスタージュエルか、課金して得たスタージュエルでガシャを回すことができる。このガシャで得られるのはキャラクターなのだが、レア度が上から

SSレア>Sレア>レア>ノーマル(プラチナガシャでは出ない)

となっている。SSレアにはどんな特典があるのか。ゲームとしての性能(スコアが高くなる)のほかに、キャラクターが独自衣装になるのだ。これゆえ、ガシャの沼に嵌ってしまい、抜け出せないプレイヤーが多いという。

具体例を示すとこんな感じだ。

f:id:protoplast:20170214213031j:plain

この共通衣装をまとったキャラクターたちが

f:id:protoplast:20170214213055j:plain

キャラクターごとの衣装をまとうようになる。キャラごとの衣装は凝ったものが多く、この娘のSSレアがほしいとなったら、ほぼほぼガシャを回すしかないのである。SSレア自体の排出確率が1.5%だから、100回回せば一人は出てくるかもしれない。なお10回でだいたい3200円である。狙い撃ちを考えたら……。

衣装が買えるようになった!

今日からドレスショップが実装され、SSレアでなくても、衣装を買って、着せることができるようになったのだ。

f:id:protoplast:20170214213952j:plain

といっても、実装間もないせいか、着せられる娘はごく一部だけ(大槻唯、渋谷凛島村卯月本田未央上条春菜)なのだが。それでも、SSレアじゃないのに、独自の衣装を着せることができ、それで踊ってもらえるというのはなかなかすごいことじゃないかと思う。

今回実装された衣装は、Snow Wingsという楽曲のユニットであるため、この衣装を着せてユニットを組んで、Snow Wingsをゲーム中でMVで流せばもう最高の環境である。

 

気になるお値段は……2500スタージュエル(無課金で貯めたものはダメ)である。日本円に換算するとだいたい3200円だ。これが高いか安いか、少々議論を呼んでいるようだ。

1人500ジュエル(600円ちょっと)と考えると安い?

これまでSSレアが100回回しても、1人出るかどうかという確率で、好きな娘が出てくるかわからないという状況を考えれば、1人600円ちょっとで独自衣装が手に入るというのはお得なのかもしれない。

もっとも、このガシャ自体を容認していいのかという別問題もあるにせよ、これまでのガシャ感覚で言えば安いのかもしれない。今後、同様のユニットでほかの衣装が出るかもしれないとなったとき、気に入った曲のユニット衣装だけ買えばいいんだし。

なによりも、このゲームの3Dは完成度が高いものだし、TVにつないでMVを鑑賞すれば、VRなんてまあ、いいかなと思えるくらいである。逆に言えば、衣装に拘らなければ、たいていの娘は無課金でも手に入る訳だし。

SSレアの価値は暴落するか?

これまで独自衣装というのがウリの一つだったSSレアだが、その価値が暴落するかと言えば、そんなことはないように思える。だってゲーム内の能力でいえば、ほかのレア度のキャラクターを圧倒している訳だし。

加えて、今回実装されたドレスショップとは衣装のベクトルが異なるように思える。これまでのSSレアは(これからも……?)キャラ個人の魅力を引き出すような衣装が実装されてきた。一方でドレスショップで手に入る衣装は、ユニットの統一性を求める衣装であるように思える。

これまで、ユニット曲のMVをSSレアで組んでも、統一感のない映像になっていたのが、ユニット統一衣装(しかも独自のもの)になることで、よりデレステの映像が映えるように思える。それゆえ、SSレアの価値は暴落しないんじゃないかなあと思っている。

自力で「大学進学」というのはなかなか難しいというお話

僕には借金が300万円ほどある。奨学金である。県の育英会から借りた入学一時金100万円と、日本学生支援機構から借りている200万円ほどの借金である。

最近、仕送り13万の大学生が燃えていたが、それだけもらえるなんて羨ましい話じゃないかと思った。奨学金を借りずに過ごせるなら、それに越したことはないんじゃないかと思う。

ちなみに僕は家庭の収入状況が厳しいこともあって、仕送りは0である。家賃、光熱水費、通信費その他もろもろも、奨学金バイトだけで賄っている状況である。

授業料免除があっても、奨学金だけでは生活できない

国公立大学では、多くの場合授業料免除制度がある。うちの大学は最低限の成績と、家庭の収入状況で判断されるので、幸いなことに、僕は授業料を全額免除してもらえている。

それで、日本学生支援機構奨学金をもらっているおかげで、その奨学金だけでバイトもせずに、学問に集中できるのかと言われると断言できる。無理だ。

日本学生支援機構の第一種(利子なし)奨学金では、自宅外通学の場合、月額5.1万円借りることができる。この中から、家賃、光熱水費、通信費を払った場合、安い物件に住んでいたとしても、1万円も残らない。これは地方国公立大の場合だから、アパートなどが高い首都圏の場合、家賃だけで消えることだってあり得る。

食費を1か月1万円生活したとして、手元に残るお金はゼロだ。病院に行くこともできないし、帰省するお金も残らない。

加えて、サークル活動や、研究室の飲み会などで、いちいち数千円のお金を徴収されるとなるともう破たんである。

もちろん、利子ありの奨学金も併用すれば奨学金だけで生活することもできるが、卒業後に残る借金の額を考えれば、現実的な話ではない。

となると、自力で大学進学し、奨学金だけで生活しようとするのはなかなか難しい。何かしらのアルバイトをして収入がないといけない。

もし授業料免除がなかったら

国公立大学で授業料免除がなかった場合、奨学金は全額学費に消えることになる。すると生活費やその他もろもろの出費を捻出するためには、月6~7万円の収入が必要になる。だいたい60~80時間のアルバイトが必要だ。

今でこそ学生生活も慣れ、アルバイトも慣れ、収入も落ち着いて得られるようになってきているが、これを大学入学直後から要求されることになる。自分の場合、入学一時金でお金を借りていたので、アパート入居費用やら、アルバイトが落ち着くまでの費用やら、その他もろもろの出費を賄うことができたのだが、そうしたお金がない場合、入学、即、死という状況だってなくはない。

1年目のたいして使わなかった教科書に、数万円とんだ事は今でも忘れていない。

家族関係の問題で、支援してもらえないなら

自分の場合は奨学金を借りれているので、どうにか生活できているのだが、例えば、家計に十分な収入があるのに、家族関係が良好ではなく、とかそういった事情で奨学金も借りれない、家計からの支援も望めないといった場合、どうすればよいだろうか?

授業料免除制度も、家計に十分な収入があると判断された場合、慈悲もなく授業料を請求してくる。当然といえば当然なのだが。

すると、授業料も生活費も自分の収入で賄うほかなくなってくる。アルバイトで長時間働くとか、なにか犯罪めいた手法でお金を入手するとか、そういう必要が出てくる。

授業料が53.5万円、年間生活費が80万だとして、これを自分の収入だけで賄う場合は、(合法的な仕事の場合)親の扶養から外れて働く必要がある。ギリギリ勤労学生控除で、所得税がかからなかったとしても、国民健康保険に加入する必要も出てくる。

加えて大学入学時の入学金も、徴収猶予をお願いできたとしても、8月までに支払わない場合は除籍になるため、そのお金(だいたい28万円)もどうにか捻出しなければならない。となると、1年目から相当な金額を稼ぐ必要がある。

家計からの支援もなく、奨学金も得られない状況では、自力での大学進学は、絶対に無理と言っても過言ではないと思う。

家計によらない奨学金、あるいは授業料支援

高校から大学に進学する時点で、家計によらない奨学金(給付型でも、貸与型でも)だったり、授業料免除の確約というのは必要であると思う。

現行の制度では、家計に十分な収入があるのに、支援は受けられない学生の支援というのがおろそかになっているように思える。もちろん、自分のように、アルバイトしないと食ってけない学生に対する支援もほしいところではあるのだが、こういった制度があれば、貧困のサイクルから脱する人の数も増えるんじゃないかなあと思ったりする。

もっとも、学力による選抜はあったほうがいいと思う。センター試験の成績だったり、入試成績だったり。(センター試験は数年内になくなるようだが)

高校の成績ではなく、全国統一的な試験で、評価して、希望者には奨学金をという形が今求められているものであるような気がする。