旅と風

とある地方の学生がいろいろ書いていこうと思うブログ

【ハイブリッドカー】レンタカーを借りたらアクアが来たのでレビューしてみる

普段レンタカーを借りるときは、たいていデミオディーゼルを借りることが多いのだが、デミオディーゼルに空車がなかったので、適当に予約してみたらアクアがやってきた。

普段トヨタ車を乗る機会がなく、このアクア以外に運転したことがある車種といえばiQかハイエースくらいしかない。どんな車かなあとちょっとわくわくしながら運転してみた。

f:id:protoplast:20170206220329j:plain

ちなみにやってきたアクアが現行だけどマイナーチェンジ前の車。8万キロくらい乗ってたので、内装なんかは若干へたってたような。

いまどきプッシュスタートじゃないなんて

f:id:protoplast:20170206220503j:plain

レンタカーとして使われるような車はたいてい最低グレードの車があてがわれる。とはいえプッシュスタートじゃないなんて、とちょっと驚き。ただ、プッシュスタートの車は、出発してからうっかり鍵をどこかに落としたんじゃないかという不安に襲われることもあるので、一長一短。

f:id:protoplast:20170206220709j:plain

上位グレードだとここにスタートボタンがあるんだろうなあというスペースが、ハンドル右にあったりしたので、正直ちょっと笑った。

正面になにもないハンドル周り

f:id:protoplast:20170206220845j:plain

レンタカーなのでナビが当然純正じゃないとして、スピードメーターオドメーターその他もろもろは、正面ではなく少し左上の部分にあります。ただ、運転してて視点移動が少ない位置なのかなあと思ったので、違和感はまったくなく、合理的なつくりをしている感じ。

何気にオートエアコンだったりするのがうれしいところ。

f:id:protoplast:20170206221056j:plain

キーを回すと、エンジンが始動するのではなく、スピードメーター横にREADYと表示されるだけ。このREADYが表示されるともう既に発進できる状態という訳。この辺はある意味リーフと一緒。ただしバッテリー残量が減るとエンジンがかかって発電しだすので、エンジン音が聞こえてくる。

エンジンの回転数を示すタコメーターは一切なく、アクセルの踏み具合と、回生状態を示す左側のバーがあるのみ。ECO領域のそれも線が濃くなっている部分だけで加速すると、EV走行ができたり、あまりエンジンを使わない走行ができたりする。もっともこの領域だけで加速するとトロすぎるので、結局アクセルを踏むことになる。

シフトレバーはThe トヨタ車って感じ

f:id:protoplast:20170206221729j:plain

プリウスやリーフのようなシフトレバーではなく、ノーマルなトヨタ車といった感じのシフトレバー。ちなみにこの写真のさらに左下側にエコモード切替スイッチや、EV走行スイッチといったスイッチ系がある。正直エコモード切替スイッチやEV走行スイッチは走行中に操作しにくく、結構位置を探したりする。走行中に切り替えるなってことなのかなあ?

エコを強いてくる走行性能(※あくまで個人の感想)

ああ、安定という感じの走行性能で、直線道路を走っているときはロードノイズも少なく、カーブもそれなりの速度で曲がってくれそうなポテンシャルは持っていそう。

ただ、個人的にはアクセルの踏み具合とエンジン音が比例してこない(特に低速くらいのとき)のが気持ち悪いなあと思ったり。また、アクセル開度がPWRゲージのところまでくると問答無用でエンジンがかかり、それなりの音量でエンジン音が響いてくる。

そして微妙なアクセルの踏み具合で、エンジンがかかったり、EVだけで走行できたりとかなり燃費に直結してくるような雰囲気。なるべくエンジンを使わず、アイドリングさせないことが低燃費の秘訣かなあと。

もっとも、50~60km/hくらいの速度域だとほぼ常にエンジンがかかるような状態になるものの、モーターがそれなりに働いてくれるのか、そこまで燃費が悪くならない印象だったりする(車載燃費計を見ていると)

ただ、高速道路に乗ろうものなら、100km/h巡航でもどんどん燃費が悪くなっていくので、あまり速度を出したくないなあという感じ。今回の同乗者には「いつもに比べるとやさしい運転だな」と言われたけれど、なんというか、目の前の燃費計を前にラフな運転はできないなあ。というのが今回アクアを運転して思ったこと。少しでもラフな運転をしようものなら、すぐに燃費という値でレスポンスをしてくれるあたり、エコを強いてくるなあというのがこの車に対する感想だ。

今回アクアに乗って思ったのは、高速道路で明らかに100km/hを超えた速度で走っているアクアの運転手はある種「燃費」という煩悩から解消された人々なんだなあということ。それくらい、この車にはエコを強いてくる強さがあるような感じだ。

貰えるならもらうけど買いたいとは思わない車

この車を運転してて楽しいかと言われると、僕はあまりそうは思わないなあというのが正直なところ。タダであげるよ!って言われれば喜んで使いたいけど、200万くらい出して買いましょうとはならないかなあ。

キュレーションメディアは滅んでもいいやというお話

Googleが検索アルゴリズムを変えて、キュレーションメディアによる記事の検索順位が下がるようになったという話が聞こえてきた。

www.itmedia.co.jp

別に僕はキュレーションメディアによって無断転載の被害を受けた訳でもないのだが、どうにもこうした検索結果にはうんざりしていた。

旅行のときに参考にしたいのは「まとめ」じゃない

僕が旅行するするときや、車を借りて遠くへドライブに行こうとするときなんかに、よく下調べするけれど、そんなときに参考にするのは、こうしたキュレーションメディアによってまとめられた、情報の一覧なんかではない。公式サイトはもとより、観光協会のWebサイト、そして、個人ブログや口コミサイトに寄せられた感想などの記事だ。

キュレーションメディアによってまとめられた情報は、ごく稀に、その地方にどんなものがあるのかという参考になったりするときもあるのだが、基本的には「まとめ」でしかないので、参考にならない。

僕個人が知りたいのは、その場所に行ったり、その交通手段を使ったりした生の声だ。1つのWebサイトだけを参考にするんじゃなくて、いくつか調べて総合的に判断する。その方がどんな場所かイメージができるからだ。

まとめている人たちは本当にその場所に行ったことがあるの?

キュレーションメディアの記事の中には、本当にこれ、行ったことあるのかな?と思うようなまとめ方をしているものもある。

机上旅行は楽しい。ネットの海を漂いながら、旅行した気分になるのは最高の暇つぶしだ。けれども、それをさも行ってきましたというように記事にするのは、間違っているように僕は思う。実際に行ってきて、その生の声が書かれた記事のほうがリアルだ。

僕の最近の暇つぶしは、飛行機の搭乗記を適当に検索をして読むことだったりする。特にビジネスクラスやファーストクラスの搭乗記なんかは、読んでいて「こうしたサービスを受けてみたいなあ」とか、「こんな旅行をしたいなあ」なんて思わせる。たぶん金持ちは文才がある。

でも僕は、こうした搭乗記を持ってきて、適当に写真を切り貼りして、こんなサービスがあります。こうした旅もいいですねなんて記事は書けない。僕が体験したリアルじゃないからだ。

キュレーションメディアは検索結果の代替にはならない

こうしたキュレーションメディアが目指すのは、新しい検索の提案、「膨大な検索結果から、おすすめの情報を指し示す」ことらしい。そんなニュアンスの記事をどこかで読んだ気がする。

だけど僕はキュレーションメディアが検索結果の代替にはならない。浅く広く情報を示されただけでは本当に知りたい情報が得られないからだ。

旅行に関することじゃなくても日常生活に関することでもだ。いろいろなWebサイトがあって、その中で自分が知りたいものを探す。そのほうが自分にとって一番知りたい情報が得られる気がする。

このままAマウントについて行って大丈夫か?

高校時代に写真部だったこともあり、僕は一眼レフカメラを持っていたりする。

f:id:protoplast:20170206013340j:plain

α550というSONY一眼レフカメラである。もともと写真が好きだったというのもあり、キットレンズの18-55/3.5-5.6と単焦点レンズの28/2.8と50/1.4を交換してやるよという親戚の破格の誘いに乗り、ソニーのAマウントカメラを買ったのだった。

α550にする前は、α200を展示在庫のコンデジと変わらないような値段のものを中学生のときに買っていたりするので、Aマウントカメラとしては2代目だ。

これを買ってからだいたい6年くらいが経ち、新しいカメラもいいなあ、レンズもちょっと増やしたいなあと思うようになってきた。スマホで写真を撮ることが多い(ブログの写真なんてほとんどスマホ撮影だ。)けれでも、今でも本気の写真を撮るときや、旅行に行くときは欠かさず持ち歩いている。

しかしソニーの一眼カメラに関して、ここ数年で流れが変わってしまった。

ミラーレスのEマウント

f:id:protoplast:20170206014338p:plain

商品一覧 | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

一眼レフカメラとミラーレスカメラの違いは、まさにミラーがあるかないかである。一眼レフカメラは、レンズを通して写った像をミラーでファインダーに送るリアルタイムな像だが、ミラーレスはコンパクトデジカメと同じように、撮影素子で、ファインダーや画面に像を得る様式だ。

もっとも、最近のソニー一眼レフカメラは、ミラーの像を透過させ撮影素子でファインダーや画面に像を得ているようだが。

ミラーレスは、それこそミラーがないおかげでコンパクトになるという利点がある。

そんなことはどうでもいい。

このEマウントカメラとAマウントカメラでは、レンズの互換性がないのだ!

いや、正確にはそのままレンズを装着できないだけで、アダプターを嚙ませれば使えないことはないのだが、機能的に一部制限がある。

ボディーを変えたいなあと思ったら、レンズ資産がさようなら、あるいは数万円するアダプターを追加で買わなければならなくなるのである。

Aマウントカメラはないの?

f:id:protoplast:20170206015140p:plain

商品一覧 | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

Aマウントカメラが消滅した訳ではないが、フラッグシップ機の新発売上級機か、3年前に発売された中級機しかない。進化がそれなりにあるカメラ業界において、3年前の機種って。他のメーカーなら投げ売りするレベルでは?という感が否めない。

買うとすればα77 Ⅱだろう。レンズ資産も生かせて、16-50/2.8というズームレンズもついてくる。しかしだ。最近はAマウントレンズで新しい製品が出ていない。カメラに至っては周回遅れ以上。

Aマウントもろとも墓場へさようなら、というシチュエーションだってありうる。うわさではAマウントを墓場へ葬ろうという話は全くないようだし、MINOLTA時代からのレンズを含めれば市場にはたくさんのレンズがある。しかし、このままAマウント製造中止、ボディーの修理も7年で終了なんてことになったら、10年後、僕のレンズ資産はどうなるんだろう。

SONYはAマウントをどうするつもりか、意思表示をしてほしい

SONYにおけるAマウントカメラの歴史はそんなに古いものじゃない。コニカミノルタのカメラ事業をSONYが買い取り、新生AマウントとしてMINOLTAレンズとも互換性があったSONYのAマウントカメラは、当時救世主的にユーザに受け入れられたのだと思う。

レンズを破格の条件で交換してくれた親戚も、SONYがAマウントカメラ作ってくれてよかったみたいなことを言っていた。Eマウントが出るまえのソニーのαには、ニコンやキャノンに、Aマウントで勝ってやろうという意気込みも感じていた。

しかし、数年は新製品を出さない、レンズも新しいものを出さない、Aマウントカメラに関する動きがあまりない、という現状はコニカミノルタ時代の閉塞感をAマウントユーザーに感じさせているのではないだろうか。

僕のようにレンズ資産が少ない人間だったら、沈みゆく泥船から脱出するのも簡単だ。ニコンかキャノンかペンタックスか、どこへでも逃げ切れる。

せめてどっかで、一生Aマウント宣言でも、さようならAマウント宣言でも、なにかしらの形で意思表示をしてもらえれば、ユーザは安心できると思うのだが。

もっともさようなら宣言すると、数百万以上のレンズ資産を抱えているユーザは発狂するかもしれないが。それゆえ明言できないというのはあるのだろうなあ……。

愚痴みたいな記事になってしまったので、最近撮ったきれいな写真で〆よう

f:id:protoplast:20170206020715j:plain

空気が澄んだ日にオリオン座を撮ってみた。

f:id:protoplast:20170206020811j:plain

雪山の駐車場でレンタカーと共に夜空を撮る。

最近長秒時露光にはまってたりする今日この頃。

【無断転載・身バレ対策?】ブログに写真を投稿するときに気をつけたいこと

いくらかブログ記事を書きたいという気分になっているので、記事を書きためておこうと思う。

f:id:protoplast:20170206005457j:plain

例えばこの、なんの変哲もない写真。ちなみに赤城高原SAで撮影したものだ。この写真は気をつけるべき点を押さえたうえで投稿しているものになる。

画像サイズはなるべく小さ目に投稿しよう

この画像なんかは800×450のサイズにリサイズしたうえで投稿している。写真の無断転載がはびこり、まとめサイトなんかに勝手に写真が使われたりしている。画像サイズが大きい写真なんかは加工もしやすく、転載するにはもってこいだ。

もっとも無断転載するような連中なんかは、そんなのお構いなしに、そしてこれくらいの画像サイズでも転載するように思える。こういう何気ないスナップならやむを得ないのかもしれないが、アート作品のような写真、画像なんかは画像サイズを小さくして載せて、無断転載されたら元画像のサイズなどを示して、オリジナリティーを主張するにはいいのかもしれない。

加えて、画像サイズが大きいとファイルサイズが大きくなり、読み込む際に時間がかかったりもする。3秒くらい読み込み時間が遅れるだけで、Web上の利用者はその記事を読むのをあきらめる、なんてデータがあるらしいくらいなので、ファイルサイズはなるべく小さいほうがいいのかもしれない。

Exif情報消してますか?

Exifってなあに?って話になるかもしれない。

Exchangeable image file format - Wikipedia

Exifについて詳しくはWikipediaを見てもらうとして、つまりは撮影データが記録されている画像に付随するもの、と思っていただければと思う。

Windowsでは画像を右クリック→プロパティ→詳細で見ることができる。こんな感じに。

f:id:protoplast:20170206010748p:plain

これのどこが問題なんだって思う人もいるだろう。カメラについてのインフォメーションが知られたところでなんも問題ないわって人も多いと思う。しかし怖いのは、GPS付きカメラや、スマートフォンで撮影した写真の場合だ。

GPS付きカメラや、スマートフォンで撮影した写真の場合、ジオタグ(カメラやスマホによっては名称が違うかも……?)が付加されている場合がある。ジオタグとは撮影場所を記録して、Exifに残す機能で、後からこの写真はどこで撮ったかなあなんて見返すときに便利な機能だ。

今回みたいに赤城高原SAで撮影しました!なんて明言している写真ならともかく、自宅で撮影した写真をそのままアップロードした場合は、Exifに自宅の位置情報が残ってしまう可能性が高い。

このジオタグ機能はカメラやスマホの設定からオフにできるが、オフになってなかったことを考えて、Exifを消しておくのは悪い手ではないはず。

リサイズとExif削除を一括してできるソフト

自分はブログをWindows環境で更新するため、だいたい画像もWindowsで弄ってからブログに乗せるようにしている。リサイズと合わせて、Exifも消してくれるフリーソフトとして、リサイズ超簡単!Proというのを使っている。

www.vector.co.jp

もしかしたらこれ以上に便利なソフトがあるのかもしれないが、自分はこれしか使ったことがないのでなんとも言えないけれど。

ちなみにExif情報を継承させないと、Exifはこんな感じになって出てくる。

f:id:protoplast:20170206011854p:plain

カメラ情報や撮影記録がしっかり消えている。ジオタグが付加されていた場合は当然これも消えるので、安心してWebにアップできるという訳だ。

炎上なんてしないに越したことはないが、炎上してもなるべく自分に関する情報を表に出さないためにも、こうした手を使っておくのは絶対に有効だと思う。

また、無断転載なんかあっても、撮影時のインフォメーション(絞りやシャッタースピード、感度)が消えているので、その点から問い詰めるという手も使えるだろう。

ちょっと手間をかけてでも安心のブログライフを!